資産運用はプロに依頼!ファンドで運用するメリット

そもそも投資ファンドとは何でしょう?

投資ファンドとは、一般の人から広くお金を集め、ファンドマネージャーがその資金を使って運用を行うものです。1万口あたりの金額が設定され、証券会社で販売されています。保有することで安定して分配金が入るほか、そのファンドの人気が高まるとファンド自体の価格が上がることから利益を得ることができます。また、外国株など個人が直接投資することが難しいものにもファンドを通じて投資ができます。実際に外国の企業に投資するケースが多いです。

資産運用にはプロのアドバイスを活用しよう

金融知識のない個人が資産運用を行うことは高いリスクを伴います。近年、資産運用の方法としてファンドラップが話題になっています。ファンドラップは顧客の求めるリターンや許容できるリスクに合わせて、プロが複数のファンドを組み合わせて運用するものです。一定額の投資顧問料が必要になりますが、プロによる運用方針の提案や細かなリターンの報告、具体的なアドバイスを聞くことで安全に運用することができます。数百万円から契約でき、退職金を貰った方に人気が出ています。

ファンドラップを始めるにあたって考えること

ファンドラップは証券会社で始めることができますが、デメリットになる部分もあります。通常、投資ファンドには信託報酬が発生します。種類によって異なりますが、年率0.5~2パーセントほどです。これにファンドラップの投資顧問料が上乗せされる形になり、手数料の割合がどうしても多くなります。ファンドラップを利用するときには、自分の金融資産を整理し、投資できる金額の全てを託すのではなく、不動産や通常の株式などに分散して投資することが重要です。

投資とファンドはどんな関係かと言いますとファンドとは投資信託を英語でそう言います。だから投資信託に投資をする場合にファンドに投資をするとか言います。